ぬいぬいランド

アクセスカウンタ

zoom RSS ストライクイーグル3勝目 楽しい馬だな

<<   作成日時 : 2017/10/09 20:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家族の出資馬の話題になると、どうも載せるのをサボりがちになるのが最近のよろしくない点でして、失礼していました。
なかでもストライクイーグルの更新を載せるのはほぼ1年ぶりになります。
本当にごめんなさい。

デビュー戦を見ていたとき、きょうのようなレースをする馬に成長すると想像できなかった私は改めてまだまだです。
ただ、出資者自身も「ほんと、一口馬主ライフは面白いよ、毎日が新鮮すぎる」と。

あんた自身が言うんだから、ストライクイーグル楽しいんだろうさ。なんかわかる。楽しそうなの伝わって来る。
わたしはきょうのストライクイーグルの走りを見て、ダージリンクーラーがこんな風に成長してくれたら本当に嬉しく楽しいのだろうなあと思いました。
頑張っていこう!

ストライクイーグル、9日の京都・ダート1900にデムーロ騎手鞍上で3勝目を挙げました。
これからも元気に!よろしくお願いします。
そしてなにより、ありがとうございました。直線、出資者と一緒に観ながらドキドキしていましたですよ(笑)。




ストライクイーグル

画像


10/9 杉山厩舎
9日の京都競馬ではまずまずのスタートから中団を追走。直線は窮屈な場面もあったが、最後は何とか抜け出して優勝。
「直線は狭くなってしまいましたが、最後にうまくスペースができて良かったです。能力はあるのですが、すぐに自分からブレーキをかけたりするなど難しい面があるので、今後はそういうところが解消してきてくれればいいですね。ありがとうございました」(M.デムーロ騎手)
「直線は正直焦りましたが、何とか勝つことができてホッとしました。能力が上のクラスでも十分通用するのはわかっていますから、この後も引き続き期待したいと思います。この後はいつもどおり短期間のリフレッシュ放牧に出してから次走に向かうことを考えています」(杉山師)
スタートから促しつつの追走、そして直線は進路が塞がるなど見ていてヒヤヒヤしましたが、最後は何とかスペースができて抜け出しました。着差以上に強い勝ち方だったと思いますし、クラスが上がってもまた上位を争ってくれるでしょう。この後はいったん放牧に出し、反動などがなければ短期間で戻す予定です。

10/5 杉山厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。道中は先行して相手に後ろからつつかせる形だったのですが、並ばれてからも余裕のある手応えで走れていましたし、終い強めに追って最後はキッチリと先着を果たしてくれました。最近は気温が下がってきたこともあり、前回と比べても馬の雰囲気は違いますね。前走でも状態は悪くありませんでしたが、やはり気候的にも今の時期の方が力は出せると思いますし、今度こそ最良の結果が出てくれることを期待しています」(杉山師)9日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1900m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

9/27 杉山厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(52秒6−38秒2−25秒1−12秒7)。「京都開幕週を目標に先週末に帰厩しており、乗り出した後も順調に調整が進められています。今朝は坂路で追い切りました。調教師からは『1週前なのである程度負荷をかけてほしい』という指示を受け、古馬の1馬身後ろから追いかける形で進めました。馬の多い時間帯で道中ごちゃついてしまったのですが、動き自体は力強かったですし、最後までしっかりとしていて状態はいいですね。休み明けとはいえ10日間の短期放牧でしたから、以前と大きく変わるようなこともありませんし、この後もスムーズにピッチを上げていくことができそうです」(担当助手)10月9日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1900m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

9/23 杉山厩舎
23日に栗東トレセンへ帰厩しました。

9/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「こちらに到着後は馬体に問題がないことを確認して、周回コースと坂路で普通キャンターを開始しています。久々の実戦の後なので慎重に状態を見ていきますが、このまま反動が出なければ10日程度で帰厩の予定です」(NFしがらき担当者)

9/13 NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週は申し訳ありませんでした。ダート2000mならばメンバー的にもそこまで強くはならないだろうと思って先週使わせていただいたのですが、少頭数でスローの展開になってしまったのは痛恨でした。上がり3ハロン35秒7というこの馬としても本当にいい脚を使っていたのですが、上位馬も前の位置で楽に進められていましたからね…。結果論になりますが、これならばフルゲートでもっとペースが流れてくれた方が良かったのかもしれません。せっかく優先権を確保してくれたので、できれば中1週くらいで次走に向かいたい気持ちもあるのですが、それでまた馬が緊張して腹痛になってしまう可能性も否定できません。レース後は大きな疲れは見せていませんでしたが、優先権を行使できる期間内で使っていくつもりで、いったん短期放牧に出せていただきました」(杉山師)

9/10 杉山厩舎
10日の阪神競馬ではスタートを決めて中団から進める。勝負どころから早めに押し上げを図るも反応は鈍く、直線もジリジリとした脚で3着まで。「前回は自分から進んでいこうとしないところがあったのですが、今日は非常に気持ちが前向きで、道中は集中して走ることができていました。最後に伸び切れなかったのは久々の影響が大きかったのでしょうし、次は変わってきますよ」(M.デムーロ騎手)「馬体重は大きく増えていましたが、調教の動き自体は良かったですし、これから秋に戦っていくことを考えても体つきは決して悪くなかったと思います。最後に伸び切れなかったのはプラス体重というよりも間隔が空いていたことが大きかったと思いますし、少頭数でペースが落ち着いた影響もあったのでしょう。今日は自信を持って送り出しただけに申し訳ありませんが、ブリンカーを外してもちゃんと集中して走れていたのは収穫でしたから、次こそはなんとしても決めたいと思います。腹痛になるなどナイーブな面がある馬なので、この後は短期のリフレッシュ放牧を挟んだ上で次走へと向かう予定です」(杉山師)牧場で夏場をうまく過ごせましたし、いい状態で秋の初戦を迎えることができました。最後は久々の分だけ伸びを欠いた印象でしたが、ブリンカーを外してもすんなり行き脚がついて集中して走れており、収穫もあったレースだったと思います。この後は短期放牧に出してから次走へと向かう予定です。

9/7 杉山厩舎
10日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

9/6 杉山厩舎
6日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで併せて追い切りました。終い仕掛けてから鋭く反応して最後までしっかりと動いてくれました。息もすぐに入っており仕上がりは良好です。近走は使うごとに馬体が減っていたので、今回はプラス体重で出走させたいと思っています。前走、スタート後に見せムチで前に行かせようとしたところ、ブリンカーのせいでムチが見えなかったと話していましたので、今回はブリンカーを外す予定です。繊細な馬なので、競馬まで精神面のケアをしっかりしていい状態で出走できるように心がけていきます」(杉山師)10日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

8/31 杉山厩舎
30日は軽めの調整を行いました。31日は栗東坂路で追い切りました(55秒3−40秒9−26秒2−13秒1)。「阪神開幕週のダート2000mを目標に火曜日に帰厩させています。今朝は坂路で馬なり程度の時計を出しました。間は空きましたが、NFしがらきでしっかりと乗ってもらってきたことで思った以上に上がりの息の入りが良く、久々としてはいきなりからスッと動けました。今週に入って朝は20度ぐらいの涼しい日が続いていることも大きなプラスで、この馬にとってはベストのタイミングでの帰厩になったと思います。馬体重は昨日の段階で508キロですから、ちょうどいいぐらいの体つきで出走できるでしょう。このクラスでは自力上位ですし、いきなりから決めるつもりでこのまましっかりと仕上げていきたいと思います」(杉山師)9月10日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

8/29 杉山厩舎
29日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間も週2回ほど坂路で14−14近くまで脚を伸ばして調教を行っていましたが、動き、体調面ともに問題ありませんでしたし、本日の検疫でトレセンへ帰厩させることになりました。いい休養になったと思いますから、また競馬で頑張ってほしいですね。馬体重は533キロです」(NFしがらき担当者)

8/22 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「早ければ今週中にも移動ということになると思いますから、この中間は14−14までペースを上げて乗り込みを行っています。ここまでしっかりと乗り込みを重ねてきていますが、体調を崩すようなこともありませんし、暑い夏の時期を順調に過ごすことができました。いい状態で送り出すことができそうですよ」(NFしがらき担当者)

8/15 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、暑さが堪えるようなこともなくこの中間も順調に乗り込みが続けられています。厩舎サイドとは阪神開催を目標に近々移動させましょうという話をしており、帰厩に向けて15−14くらいまでペースを上げているところです。いい状態で送り出せるようこのまましっかりと態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/8 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路ではハロン15秒近いところを取り入れて調教を行っています。暑さにあまり強い馬ではありませんが、しっかりと調教を重ねながらも体調は良好ですし、今はいい休養期間になっているようですよ。このまま乗り込んで秋に備えていきたいですね」(NFしがらき担当者)

8/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、暑さが堪えるようなこともなく体調面は安定しています。この中間から坂路ではハロン15秒近くまで脚を伸ばしているのですが、力強くてしっかりとした動きを見せてくれていますよ。秋に向けてこの調子で少しずつピッチを上げていきたいですね」(NFしがらき担当者)

7/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも特に反動は見せておらず、この中間はハロン16〜17秒くらいのペースで乗り込みを行っています。暑い時期ではありますが、動かしつつも今のところは体調も安定していますね。この後も緩めずに乗り進めてリフレッシュさせていく予定です。馬体重は524キロです」(NFしがらき担当者)

7/18 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先々週こちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。今は体調も徐々に良くなってきてはいますが、レース直後はだいぶ疲れた様子を見せていたようですし、また反動など出てしまわないよう、軽く動かしながらしっかりとリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

7/5 NFしがらき
5日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週のレースは、最後勝ち馬と脚色が同じになってしまいましたが、競馬自体は強い内容だったと思います。状況を考えると勝たなくてはならないレースではありましたが、スタートから行く気にさせて前々で運んだ今回の競馬は次につながると思います。レース後は大きなダメージは見せていないものの、このところの暑さや湿気が堪えている感じもあるので、この後は放牧に出してしばらくリフレッシュさせようと思います」(杉山師)

7/2 杉山厩舎
2日の中京競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず出ムチを入れて好位の後ろにつける。ジリジリとポジションを上げ、直線半ばからは逃げた勝ち馬を懸命に追うが2着。「スタートしてからなかなか進んでいかないのでムチを使ったところ、1コーナーまでちょっと行きすぎてしまいました。ズブい馬なのでその後はスッと収まってくれたのですが、結果的には1コーナーまでの入り方が最後に響いてひと伸びを欠いた形になりました。勝った馬は強かったですが、もう少しスタートから行き脚がついていれば違ったと思います」(M.デムーロ騎手)「直前の雨は、暑さが苦手なこの馬にとっては良かったのですが、かなり強く降った分、前に有利な馬場になったのも確かです。ジョッキーが言うには、スタート後は見せムチで行き脚をつけたかったのだけど、ブリンカーを着けているためにムチが見えず、叩かなくてはいけなかったとのこと。外枠からということもあり、脚を溜めるところがなく、最後のひと伸びを欠いてしまいました。残念ではありましたが、もちろんこのクラスでは力が上ですし、権利にはこだわらず馬の状態をよくチェックして今後のプランを考えたいと思います」(杉山師)降級後の一戦とあって、勝って当然という支持を受けましたが、直前の雨などもあってあと一歩の結果になってしまいました。とはいえ、力上位を印象付けるレースぶりだったことは間違いありませんから、権利内の出走にはこだわらず、あくまでもこの後の馬の状態を第一に考えていきます。

6/29 杉山厩舎
7月2日の中京競馬(3歳上500万下・ダ1900m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

6/28 杉山厩舎
28日は栗東坂路で追い切りました(54秒7−39秒4−25秒2−12秒4)。「今朝は坂路で追い切りました。併せて強め程度に乗ったのですが、終いまでいい手応えて走れていましたし、この馬らしく力強くていい動きでした。気温も上がってきていますが、今のところは暑さにバテるようなこともなく体調面は良好です。前回は直線で少しフラフラするようなところがあったものの、そのあたりは初めての左回りの影響もあったと思いますし、慣れが見込める今回はしっかりとこなしてくれるでしょう。鞍上はミルコに依頼していますが、『ちょっとズブイところがある』ということを伝えようと思っているくらいで、乗り方には特に注文を付けません。降級戦で力上位なのは確かですから、ここは普通に回ってきてくれれば…という気持ちです」(杉山師)7月2日の中京競馬(3歳上500万下・ダ1900m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

6/21 杉山厩舎
21日は栗東CWコースで追い切りました。「あまり疲れが取れないようならば無理せず秋までしっかりと休養させることも考えていたのですが、牧場サイドでしっかりとケアをしてもらっていたおかげで思っていたよりも疲れが早く取れましたし、先週末に帰厩させることにしました。今朝はCWコースで追い切ったのですが、大雨の影響から時計は少し掛かってしまったものの、いつもどおりのこの馬といった感じでここまでは変わりなく順調ですね。今のところは中京開幕週のダート1900m戦へと向かうつもりで週末、来週と追い切って態勢を整えていく予定です。勝ち星を挙げているように距離も問題なく、左回りも東京で経験しているので心配していませんし、そして何よりも今回は降級戦となりますからね。もちろん、いきなりから決めるつもりで仕上げていきたいと思います」(杉山師)7月2日の中京競馬(3歳上500万下・ダ1900m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

6/17 杉山厩舎
17日に栗東トレセンへ帰厩しました。

6/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出した後も今のところは疲れを見せることもありませんので、この中間も周回コースと坂路でしっかりと乗り込みを行っています。お伝えしたとおり完全に休ませると立ち上げに苦労する可能性もありますし、この後も適度な負荷をかけつつリフレッシュを図っていくつもりです」(NFしがらき担当者)

6/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「角馬場で乗り出した後も馬体には反動がなかったので、周回コースでの軽いキャンターを開始し、週明けからは坂路での普通キャンターも取り入れています。完全に休ませると却って立ち上げる時がしんどいですし、ある程度の負荷をかけて緩めないようにしながら疲れを取っていってあげようと思います」(NFしがらき担当者)

5/30 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着しており、馬体に大きな異常がないことを確認して現在は角馬場で乗り出しています。東京への輸送も影響したのかレース後はだいぶ疲れがも出ていたようですから、軽く動かしつつまずはしっかりとリフレッシュさせていきたいと思います。馬体重は512キロです」(NFしがらき担当者)

5/26 NFしがらき
26日にNFしがらきへ放牧に出ました。

5/24 杉山厩舎
24日は軽めの調整を行いました。「許容範囲とはいえ輸送によって体は減っていましたし、当日の装鞍所では少しピリピリしている様子を見せていましたが、パドックはいつもとそれほど変わらない姿で周回できていました。レースに関してはできればもう1列前で進めることができれば良かったのですが、その分だけ脚が溜まって最後の伸びにつながったとも考えられますし、今回は収穫のある東京遠征になったのではないかと思います。ただ、長距離輸送に加えて激しいレースをした後ということもあり、馬もだいぶ疲れが残っているのか馬房の中でもずっと寝転がったままです。この後はNFしがらきへ放牧に出す予定なので、まずはしっかりとリフレッシュさせてあげたいですね」(杉山師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

5/20 杉山厩舎
20日の東京競馬ではスタート後に狭くなってしまい後方からに。道中はそのまま脚を溜め、直線では大外から鋭く伸びるも2着まで。「ゲートを出たなりでとは考えていたものの、直後に挟まれてしまい、イメージしていたより後ろからになってしまいました。道中は久しぶりの左回りの影響か少しフワフワしていましたし、特に勝負どころで砂を被った時は気を抜きそうになるなど、集中力を切らさないように乗っているこちらも気を遣いましたね。直線ではすごくいい脚を使ってくれただけに、もう一列でも前で進められていれば良かったです。上手くいかず申し訳ありません」(内田騎手)「以前小倉遠征をした際に腹痛の症状を見せたのはもちろん把握していましたし、特に担当厩舎スタッフは自分がそうなってしまうんじゃないかと言うほどナイーブになっていたので、それが馬に伝わるからまずは人間がリラックスして臨もうと話をしていました。今回はそのリスクを承知で東京に連れて来たのは、関西でも決して崩れてはいなくても、どうも同じような時計で走っていましたし、ちょっとマンネリ化して来そうな雰囲気があったからです。実際のところ、さすがに関西圏と比較すれば気が入っていつもよりピリッとはしていたものの、馬体減を含めて許容範囲内で送り出せたのは何より良かったですね。ジョッキーには追わせる馬でなおかつ気持ちの波が出ないか気を付けてほしいと伝えていましたが、直線ではさすが内田ジョッキーと言うような凄い脚を引き出してくれましたね。それだけにスタート後に狭くなって位置を下げざるを得なかったのは痛かったです。また、直線で内の馬から何度か張られてかなりキツい競馬でしたから、それを考えても改めて力を感じました。ベストの結果を出せず申し訳ありませんが、昇級してから確実に着順を上げて来ていますし、本当に次こそはの気持ちです。この後は栗東に戻してから決めますが、クラス再編成で降級する馬ですし、今回は長距離遠征でなおかつかなりタフな競馬をしましたから、無理に間隔を詰めて使う必要はないかなと考えています」(杉山師)直線でエンジンがかかってからは1頭脚色の違う伸びを見せてくれただけに、勝ち馬にクビ差粘られてしまったのは悔しい限りです。それでもスタート後の不利や、久しぶりの長距離遠征と言うことを考えても力を示してくれていますから、降級後はスムーズにクラスを戻し、そしてさらに上のレベルで走る姿を期待したいものです。この後はリフレッシュ期間を設けるかを含めて慎重に判断していきます。

5/18 杉山厩舎
20日の東京競馬(是政特別・ダ2100m)に内田騎手で出走いたします。

5/17 杉山厩舎
17日は栗東坂路で追い切りました(54秒2−39秒6−25秒7−12秒6)。「先週お伝えしたように、調教が左回りになる日曜日にCWコースでしっかりと時計を出して、今朝は坂路で無理せず終い重点の追い切りを行っています。コース追いで左回りは特に気になりませんでしたが、東京は直線が長いので焦らずに運んでもらった方がいいでしょう。今朝も全体の時計こそ目立ちませんが、ラストは上々の反応を見せていましたし、状態に関しては問題ありません。あとは、気性的にうまく輸送をこなしてくれるかどうかがポイントになりそうです」(杉山師)20日の東京競馬(是政特別・ダ2100m)に内田騎手で出走を予定しています。

5/14 杉山厩舎
20日の東京競馬(是政特別・ダ2100m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて22頭の登録があります。

5/10 杉山厩舎
10日は栗東坂路で追い切りました(57秒3−41秒5−26秒9−13秒3)。「来週の東京ダート2100mを目標に先週帰厩させており、今朝は坂路で追い切りました。まだ戻ってそれほど時間も経っていませんし、今日は15−15から少し脚を伸ばす程度の内容でしたが、歩様に硬さもなく状態は良さそうだと感じました。今回は舞台が東京となるので、トレセンの調教コースが左回りとなる日曜日にCWでビッシリと本追い切りを行う予定です。長距離輸送も控えていますし、精神的にナイーブな面もある馬ですからレース当該週はサッと整えるくらいでいいでしょう。距離延長で前進を図りたいところですね。なお、今回は関東圏での競馬ということで内田騎手に依頼しています」(杉山師)20日の東京競馬(是政特別・ダ2100m)に内田騎手で出走を予定しています。

5/6 杉山厩舎
6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

5/2 NFしがらき
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも特に変わった様子は見られず、この中間からは坂路調教も開始しています。近々の移動に向けて今朝はハロン15秒近くまで脚を伸ばしてみましたが、大きな体でしっかりとした動きを見せてくれていました。体調も問題ありませんし、この調子で態勢を整えていければと思います」(NFしがらき担当者)

4/25 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、馬体に問題がないことを確認してから現在は周回コースで軽く乗り出しています。厩舎サイドからは短期間で戻すつもりだと聞いていますので、このまま緩めることなく乗り込んでいきたいですね。馬体重は510キロです」(NFしがらき担当者)

4/21 NFしがらき
21日にNFしがらきへ放牧に出ました。

4/19 杉山厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、いい結果を出せず申し訳ありませんでした。ただ、今回はスムーズなレースでしたし、この馬の走りはできていたように思います。とは言え、ブリンカーの効果がやや薄れてきたことと1000万クラスのペースが相まって、多少追走に苦労するようになってきているのかなとは感じています。ずっと1900m、2000mを使ってきましたが、きっかけを掴むためにもこのあたりで少し条件を変えて東京の2100mあたり狙ってみるのもいいのではないかと考えているところです。番組を見ると中1週でその条件がありますが、馬の性格を考えると間隔を詰めて長距離輸送はリスクが高い気がするので、一度放牧に出して短期でリフレッシュさせようと思います」(杉山師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

4/16 杉山厩舎
16日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中は中団でレースを進める。直線で外に出してから伸びてはいるが、前の馬を捕らえることはできず3着まで。「もっと前に行くつもりでゲートを出てからも手綱をかなり押しているのですが、ズブくてなかなか進んでいこうとしないんです。気合いを入れてずっと促しながらの追走になってしまいましたし、道中はあの位置をキープするのが精一杯で…。最後は脚を使ってよく伸びてくれてはいるものの、今日は前の馬にいいペースで行かれてしまいました。どこかで手綱を抱えていられるようなもう少し落ち着いた流れなら結果もまた違ったかもしれません。うまく乗れずに申し訳ありませんでした」(岡田騎手)今日はジョッキーがずっと促しながらの追走になってしまい、脚を溜める場面がありませんでした。どうしても展開に左右されてしまう馬ではありますが、直線でよく追い上げているようにこのクラスで力上位なのは明らかですし、何とかもうひと押しを期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

4/13 杉山厩舎
16日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走いたします。

4/12 杉山厩舎
12日は栗東坂路で追い切りました(57秒3−41秒9−27秒0−13秒0)。「先週、先々週とコースで長めから時計を出していますので、今朝は坂路で併せてジワッと強め程度に留めました。4ハロン57秒3は数字的に予定より遅いのですが、今朝はウッドチップを入れ替えたばかりの上、雨が降って極端に悪い馬場でしたし、良馬場なら55秒ぐらいに換算できる内容です。動き自体も文句ありませんし、いい状態でレースに臨めそうですよ」(杉山師)16日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

4/5 杉山厩舎
5日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。道中は一番後ろから追走して、直線の反応も素晴らしく、素軽い動きで最後はキッチリと先着。今週はしっかりと負荷をかけておきたかったのですが、その思惑どおりいい内容の調教ができたと思います。筋肉の張り、毛ヅヤなど見た目に状態の良さを感じることができますし、今週使ってもいいと思えるくらい状態面は良好ですよ。不安がないことが逆に不安になるくらいなのですが、この雰囲気を来週まで保っていけるよう、今後も気を引き締めて進めていきたいですね」(杉山師)16日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

3/30 杉山厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は栗東CWコースで追い切りました。「阪神4週目のダート2000mを目標に先週帰厩させており、今朝はCWコースで併せて追い切りました。戻ってきてから実質1本目の時計となりますので、今日はほとんど馬なり程度の手応えだったのですが、楽な感じで動けていて最後はしっかりと先着を果たしてくれました。調教後の息の入りも良かったですし、ここまでは順調に調整が続けられていますよ。ただ、506キロほどとまだ少し馬体には余裕があるので、来週から負荷を強めていくなど徐々にピッチを上げていきたいと思います」(若松助手)4月16日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に出走を予定しています。

3/23 杉山厩舎
23日に栗東トレセンへ帰厩しました。

3/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路ではハロン15秒近いところも交えて調教を行っています。引き続き、特に疲れた様子もなく馬は元気に過ごしていますし、順調に調整が続けられていますよ。厩舎サイドからは近々移動になる予定だと聞いていますので、こちらもそのつもりでしっかり態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/14 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週の木曜日にこちらへ到着しており、ウォーキングマシン程度の運動で馬体に問題がないことを確認、現在は周回コースで軽く乗り出しています。今回は短期間のお休みになる予定だと聞いていますので、このまま緩めず乗り込みを続けながらリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/9 NFしがらき
9日にNFしがらきへ放牧に出ました。

3/8 杉山厩舎
8日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、ちょっと早めに動いていった分最後が甘くなりましたが、昇級戦としては十分メドが立つ内容で、今後に向けて楽しみになるレースだったと思います。レース後は特に馬体には問題なく疲れも見せていませんが、引き続きダート2000mを狙っていくつもりで2週間ほどリフレッシュさせようと考えています」(杉山師)9日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

3/4 杉山厩舎
4日の阪神競馬ではまずまずのスタートから道中は中団待機。早めにポジションを押し上げていくも直線はなかなか差を詰めることができず4着。「道中は折り合っていい感じで運べていましたが、逃げた馬が単騎で楽に行っているように見えたので、あの位置からでは届かないと思って途中から促してポジションを上げていきました。ペースアップ後もすぐに息が入ってうまく進められましたが、追ってから差を詰められなくて…。ただ、今日は前残りの展開に泣いただけで決して馬がバテたりしているわけではありません。このクラスでも十分にやれる力はあるので、とにかく展開ひとつです。いい結果とならず申し訳ありませんでした」(岡田騎手)「結果論ですが、かなりペースが緩かったので、早めに動かざるを得なかった分、最後はいつものような脚を使えませんでしたね。もう少し前で運べればまた違ったかもしれません。ただ、このクラスでも流れに乗って運べましたし、メドが立った内容ではありましたよ。しっかり競馬をしたので、まずは馬体をよくチェックして、短期でも放牧を挟むことも考えます」(杉山師)前の組が楽なペースで運んでいたことで最後はなかなか伸び切れませんでしたが、昇級初戦ということを考えると決して悲観するようなレースではなかったと思います。早くもこのクラスにメドを立てることができましたし、次走ではさらに前進といきたいところです。この後については馬体をしっかりと確認してから検討していきます。

3/2 杉山厩舎
4日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走いたします。

3/1 杉山厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(58秒1−41秒2−26秒0−12秒9)。「先週末に坂路で56秒くらいで乗ろうと思っていたのですが、行きっぷりが良すぎて54秒台と予定より速くなってしまいましたので、今朝は終い重点にサッと軽く追い切りました。ほぼ持ったままの手応えで動きは特に問題ありませんでしたね。前回よりも少し体は増えているかもしれませんが、極端な太目感はなく状態は本当にいいですよ。あとは、昇級するとスタートしてからのペースも変わってくるでしょうから、そのあたりがどう出るか。持ち時計からも能力は十分通用すると思いますが、流れに戸惑うことなくスムーズな競馬ができればと思います」(杉山師)4日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

2/22 杉山厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。「阪神2週目にダート2000mの番組があるので、そこを目標に先週帰厩させており、今朝はCWコースで併せて追い切りました。岡田騎手に乗ってもらったのですが、終い重点に追って最後は2馬身ほど先着を果たしてくれました。前走後にひと息入れたことで心身ともにフレッシュ感がありますし、そのあたりはジョッキーも実際に跨って感じてくれていたようでしたね。週末にもまた負荷をかけていき、その後のコンディションを見ながら来週坂路で追い切るか、またコースに入れるのかなど調整方法を考えていきたいと思います。ここまでは順調ですよ」(杉山師)3月4日の阪神競馬(4歳上1000万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

2/16 杉山厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。

2/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「早ければ今週中にも移動ということで、この中間もコンスタントに15−15を取り入れてしっかりと乗り込んでいます。思った以上に前走後のダメージが少なく、こちらでは順調に過ごすことができましたし、精神的にもいいリフレッシュができたと思います」(NFしがらき担当者)

2/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間はコンスタントに15−15程度を乗り込むようにしていますが、特に反動はなく、活気十分の動きを見せてくれています。阪神開催に向けてそう遠くなく移動ということになりますし、今の感じでしっかりと15−15を乗りながら態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「時間をかけてリフレッシュさせることも視野に入れていたのですが、思った以上に体調が良く、乗り出してさらに気配は上向いています。杉山調教師も先週来場して状態を確認されたのですが、この感じなら次の阪神開催にでも使っていけそうだという話をしていました。15−15に近いところも取り入れ始めていますし、このまま順調に進めていけるでしょう。馬体重は509キロです」(NFしがらき担当者)

1/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路での普通キャンターも開始していますが、特に疲れた様子もありませんし、順調そのものですね。今朝は坂路で終いをジワッと伸ばす調教も取り入れているほどで、この感じなら緩めずしっかりと乗り込んでいけそうです。フレッシュな状態で競馬に臨むことが大切なタイプですから、こちらではリラックスできるように心がけて接していきます」(NFしがらき担当者)

1/18 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「こちらに到着後は馬体に異常がないことを確認してから、軽く乗り出しています。今のところは大きな反動も見せていませんが、気持ちの面でしっかりとリフレッシュさせてあげたいですね」(NFしがらき担当者)

1/13 NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。

1/11 杉山厩舎
11日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。ここはとにかく結果を出さなくては思っていたので、無事勝つことができてホッとしています。力さえ出し切ることができればこのくらい走れる馬ですし、昇級しても引き続き楽しみですね。レース後は軽い運動程度の調整を行っていますが、競馬を使ったなりの疲れは見られる状況です。疝痛で取り消すなど順調さを欠いたところもありましたし、お伝えしたとおりここはいったん放牧に出してしっかりとリフレッシュさせてあげたいと思います」(杉山師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

1/7 杉山厩舎
7日の京都競馬では五分のスタートから中団を追走。向こう正面から徐々に進出し、直線に入って前を射程圏に入れると、外からの追撃も楽に振り切って優勝。
「ありがとうございました。もっと早く勝たなくてはならない馬ですし、ここまでお待たせしてしまって申し訳ありません。今日は1コーナーでちょっとフワッとするところがあったのですが、気合いをつけたらすぐに反応してくれましたし、前の馬が仕掛けた時もスッとついていけました。このあたりが成長の証ですね。直線もしっかり伸びてくれて、今日は力どおりと言っていいと思います」(岡田騎手)
「ありがとうございました。惜しい競馬が続いていましたから、プレッシャーで私もお腹が痛くなりそうでした(笑)。とにかくうれしいというよりもホッとした気持ちです。持ち時計を考えればここでは力が上ですし、自分の競馬ができればと思っていましたが、ジョッキーも自信を持って乗ってくれましたね。ただ、行きっぷり自体は前走の方が良かったように思いますし、在厩期間が長くなった影響は多少あったかもしれません。きっちり結果を出してくれましたので、この後はリフレッシュさせる予定です」(杉山師)
近走の内容からここは断然の人気を背負っての出走になりましたが、しっかりと期待に応えてくれました。自分で動いて後続を封じる強い競馬でしたし、上のクラスに上がってからも楽しみです。中間は疝痛による取り消しもありましたから、この後は放牧に出してしっかりとリフレッシュさせる予定です。

1/5 杉山厩舎
7日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1900m)に岡田騎手で出走いたします。

1/4 杉山厩舎
3日は軽めの調整を行いました。4日は栗東CWコースで追い切りました。「年末はご心配をおかけして申し訳ありませんでした。疝痛が治まってからは順調に乗り込めていましたし、12月28日には岡田騎手騎乗でCWコースで併せて5ハロン72秒程度の時計を出すことができています。その時点で年明けすぐの競馬を目標にできるとメドが立ちましたので、今週土曜日のダート1900m戦に向けて進めているところです。今朝も岡田騎手に乗ってもらってCWコースで追い切り、手元の計測で6ハロン81秒9、ラスト1ハロン12秒5をマークし、併せた相手にきっちり先着しました。あとは無事レースを迎えるように万全を期していきたいと思います。競馬の日はレースに合わせてカイバの時間なんかが変わりますから、馬もそのあたりを察知してしまうようなので、敢えていつも通りの時間にカイバを与えるなどできるだけ普段と変わらないルーティンを守ってあげるつもりです」(杉山師)7日の京都競馬(4歳上500万下・ダ1900m)に岡田騎手で出走を予定しています。

12/23 杉山厩舎
「今朝、馬房で疝痛の症状を見せたため、曳き運動で様子を見たのですが、その後も寝転ぼうとしたり軽く発汗があったりとすぐに治まりませんでした。そのため、今は診療所で痛み止めを入れて補液をしています。表情は和らいできており、それほどの重症ではなさそうですが、今日の競馬は取消にさせていただきます。調子が良くレースを楽しみにしていたのですが、このようなことになり大変申し訳ありません」(杉山師)23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ1800m)は出走を取り消します。この後は馬の状態を見て検討していきます。

12/21 杉山厩舎
21日は栗東坂路で追い切りました(58秒0−42秒4−28秒3−14秒0)。「今朝は坂路で追い切りました。金曜日の競馬なので、先週ビシッと負荷をかけておいて、今朝は馬なり程度というのは予定通りです。明日は角馬場でハッキングをしていい状態で出走できるように整えます。馬の動き、前向きさ、体調なども転厩以来一番いいのではないかと思える状態です。あとはロスのない競馬で自分の走りができればいいレースができると思います」(杉山師)23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走いたします。

12/14 杉山厩舎
14日は栗東CWコースで追い切りました。「この中間も特に疲れた様子を見せることもありませんし、予定どおり来週の競馬に向かうつもりで今朝CWコースで併せ馬を行いました。パートナーを内に見て終いやや強め程度の内容だったのですが、最後は遅れを取ってしまったものの相手はもともと調教で動くタイプの馬ですし、上がりを11秒台でまとめられては仕方ありません。ハミの取り方も上手になってきていますし、今は抑えるのに苦労するほど行きっぷりが良化。動きは前回よりも間違いなく良くなってきていますよ。今週しっかりと負荷をかけたので、週末、そして来週とやりすぎないように注意しながら進めていきたいと思います」(杉山師)23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

12/8 杉山厩舎
7日、8日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、直線で前が壁になって動けないシーンもあって、ちょっともったいない内容ではありましたが、中団で楽に追走できるレースが続けてできたことは大きいですね。優先出走権を確保した後ですが、しっかりと走りきっている分、反動も出てくると思うので、きちんと状態をチェックして続戦するかどうか見極めたいと思います。今のところは目立った疲れは見せていませんので、問題なければ最終週の2000m戦に向かうつもりです」(杉山師)23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)を目標にしています。

12/3 杉山厩舎
3日の阪神競馬では五分のスタートから出たなりで好位の後ろを追走。直線半ばで前が壁になり、外に持ち出して鋭く脚を使ったが2着まで。「馬の状態はとても良かったですし、スタート後の芝部分でも特に戸惑ったりはせず、スムーズにいい手応えで中団につけられました。内でじっとしていたので、あとは外に切り替えるタイミングひとつだったのですが、うまく捌けませんでした。以前のようにフワフワするところもありませんし、このクラスにいる馬ではないのですが…。申し訳ありません」(岡田騎手)「直線で前が完全に壁になってしまいましたね…。残念でしたが、前半の行きっぷりもすっかり安定した印象で、内容は濃かったと思います。しっかり集中して走れるようになった分、以前よりレース後の反動も大きくなると思うので、この後はしっかり状態をチェックしてから考えていきます」(杉山師)ブリンカー効果もありますが、ここ2走は道中から安定した走りっぷりでひと皮剥けた印象です。その分馬体への負担もあるでしょうから、まずはしっかり馬体を確認して今後のプランを検討します。

12/1 杉山厩舎
3日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走いたします。

11/30 杉山厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(56秒4−40秒6−26秒0−12秒8)。「朝は坂路で併せて追い切りました。道中は相手を前に見て途中から馬体を併せていき、終いを伸ばすような感じだったのですが、仕掛けてからの反応も良くていい走りを見せてくれました。先週末にもしっかりと負荷をかけているので、今日はやりすぎないよう気を付けたのですが、馬場が重い中でも満足のいく動きでしたし、状態面の問題はありませんよ。気性的にアテにならないところがあるので、今回も前回と同じように走れるかとなると何とも言えないのですが、自分からちゃんとハミを取るように普段から調整を行っていますし、この馬のことをよく知っている岡田ジョッキーの腕に期待したいところです」(杉山師)12月3日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

11/24 杉山厩舎
23日は栗東CWコースで追い切りました。24日は軽めの調整を行いました。「先週の金曜日に無事帰厩しており、昨日CWコースで併せて追い切りました。ほとんど馬なりの手応えだったのですが、素軽い走りで最後もいい伸び脚を見せくれていましたね。放牧とはいえ短期間だったので、それほどガラッと大きくは変わっていないものの、入厩当時と比べると馬自身はしっかりとしてきたなという印象がありますよ。調教師からは岡田騎手を確保して来週の阪神開催へ向かう予定だと聞いており、今週末あたりから終いを伸ばす調教を取り入れるなど少しずつピッチを上げていくつもりです」(若松助手)12月3日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。

11/21 杉山厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。



※情報と写真は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ストライクイーグル3勝目 楽しい馬だな ぬいぬいランド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる