サウジアラビアRCに2頭出走 サリオス勝利 アブソルティスモ3着

10月5日土曜日の東京競馬場、2歳重賞のサウジアラビアRCにサリオスとアブソルティスモが出走しました。
サリオス見事勝利、アブソルティスモ3着でした。

サリオス、これで楽しみがさらに大きくなってきました。
この日も前走+6キロの540キロと相変わらずの大型っぷり。
新馬戦を間近で観たときも強烈でしたが、あの大きな馬体で東京の直線をドドドドドドーっと駆け抜ける迫力は、改めて惚れてしまいます。
この日もきっとそうだったんだろうな。
次走はさらに大きなレースに臨むことになると思いますが、舞台が変わってもその迫力で力強く駆け抜けてほしいです。
次は、うまく万事調整して応援に行きたいよ!と新たな楽しみ、目標が出来て、嬉しいです。
ありがとうございます!

アブソルティスモは、現状のなかで3着、と受けとめています。
正直、新馬戦も今回の重賞も、戦った相手が悪かったよ、と強烈に思ってもいます。上には上がいるね・・・。
強い相手とは、血統などなどタイプがかなり違う面もありますし、ね。
レース後コメントには、これからの成長も期待されている内容がありました。
これからも、よろしくお願いします。応援のほうもよろしくお願いします!と改めて強く願っているところです。

そろそろアブソルティスモの口取り写真、一緒に撮らせていただきたいなあとも、思っているところでして。
新馬戦のときには抽選に外れ、札幌と今回の東京は行くことが出来ませんでした。
次あたり、なんとか記念写真におさまることがかなうよう、こちらもしっかり整えていきたいと、目標にかかげています。

私の出資馬のなかで、牡馬が2歳時からここまで熱い展開なのは、実に新鮮です。
牝馬のほうは慣れている、というわけでもないのですが、牡馬の方は初めてのことです。
きょどってる、っていう感じです(笑)。これまで牡馬でキラキラしているのは、もっぱら家族の出資馬ラインナップのほうでした。
すごーく眩しい世界を現在、今までとは違う立ち位置でしっかり見つめているような心境でもあります。
この先にはどんな感覚、喜怒哀楽が広がっているのだろう!?
こんなすごい経験、したくたって出来るものではない。オンリーワンな時間と思い、存分に楽しみたい、気合も入ってきています。
これからもよろしくお願いします。



サリオス
IMG_0173.JPG
東京11R サウジアラビアRC(GⅢ)・芝1,600m 優勝
石橋脩騎手は「2着馬に並びかけられてから更に加速して、最後は突き放してくれました。非常に能力の高い馬ですし、これからがとても楽しみですね」と話していました。

※シルク・ホースクラブ公式ツイッターからの引用です



アブソルティスモ
IMG_0035 (2).JPG
19/10/5 藤沢和厩舎
5日の東京競馬では好スタートから先手を奪う。直線ではこの馬なりに脚を使っているが、上位馬の切れ味が際立ち3着。「デビュー前にゲートで苦労したことは聞いていましたし、気を付けて臨みましたが、ゲート内で一度バタついたように怪しさはありました。それでも我慢は利きましたし、しっかりとゲートを出てくれたので積極的に運びました。背中の感触からいい馬だなと思えましたが、まだその馬体の良さを使いこなせていないようなところがありましたし、勝ち馬らとの瞬発力勝負になると楽ではなかったです。いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(戸崎騎手)「ジョッキーは跨ってワンペースなところがあると感じて逃げる形になりましたが、悪くない時計で走っているけど、さらに速い馬がいましたね。現状でも良さは感じますが、今日の結果かららも、まだこれから力を付けていく必要があると言えるでしょう。今日は勝てずに申し訳ありませんでした」(藤沢和師)直線では勝ち馬らに差を付けられ悔しい限りですが、レコード決着のハイレベルな一戦でしたから、前を向いて今後につなげていきたいです。また、今日の走りも糧にして、さらなる成長を促していきたいものです。このあとは放牧に出す予定で、現地でレース後の心身の状態を見ながら次をどうするか慎重に判断していきます。

19/10/3 藤沢和厩舎
5日の東京競馬(サウジアラビアRC・芝1600m)に戸崎騎手で出走いたします。

19/10/2 藤沢和厩舎
2日は美浦坂路で追い切りました(52秒0-37秒9-24秒8-12秒6)。「今週の当該週追い切りも坂路で行うことになりました。ただし、いつもよりも意識的に時計を出すような内容にしています。お兄さんのティソーナに胸を借り、いい形で誘導してもらった結果、思惑通りにしっかりと動かせました。走りは良かったと思います。前回は少しゆとりのある体でプラス体重での出走となりましたが、今回は程よく引き締まってきています。より動ける状態にはあると思うので、その中でどれだけの走りができるかですね。前走はある意味幅を広げられる競馬になったと思いますし、いい経験になったでしょう。どういう競馬をするかはこれからジョッキーと調教師とで話をしていくことになるでしょうが、いい走りを期待しています」(津曲助手)5日の東京競馬(サウジアラビアRC・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

19/9/29 藤沢和厩舎
10月5日の東京競馬(サウジアラビアRC・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて9頭の登録があります。

19/9/25 藤沢和厩舎
25日は美浦坂路で追い切りました(53秒0-38秒2-24秒2-12秒1)。「来週が目標のレースになりますが、今週はまたちょっと暑さが戻っているので、オーバーワーク、体調の管理に気を遣いつつ坂路で調整することにしました。所属騎手を背にして併せながらシャープに動かしています。相変わらず元気の良さは目立つものの、しっかりと動かせていて悪くないでしょう。来週に向けて引き続きしっかりと動かしてより良い状態にしていきたいです」(津曲助手)10月5日の東京競馬(サウジアラビアRC・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

19/9/19 藤沢和厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦坂路で追い切りました(55秒1-40秒3-25秒9-12秒3)。「少しずつ乗りながらじわじわと上げてきています。担当者曰くちょっとメジャーっぽいところが出てきているのかもと言うことでもあり、気をつけながら動かすようにしています。今朝は所属騎手の杉原を背にして動かしたところ悪くはなかったようなので、このままうまく整えていきたいですね。コース追いを取りいれていくかどうかは現時点では未定ですが、スピードが出すぎることからコースだとオーバーワークになることも懸念材料としてあるので、状況を見ながら判断していきます」(千島助手)「今日の追い切りに乗ったのですが、変わらず前向きさはありました。ただし、最初のころに比べるとハミに対する向かって行き方はいくらか楽になっているように感じました。あまり強すぎるとどうしても力みが先行して上手く体を使えなくなってしまいますから、その点で見れば悪くない状況にあるように思います」(杉原騎手)10月5日の東京競馬(サウジアラビアRC・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

19/9/11 藤沢和厩舎
11日は美浦坂路で追い切りました(56秒3-40秒9-26秒7-13秒3)。「先週の木曜日に入ってきたので翌日から軽く動かし出し、週末から時計になるところを取り入れ始めています。その時は3ハロン42秒くらいで、今朝はひとつ進めてじわっと動かしていますよ。北村宏司ジョッキーに手伝ってもらったのですが、脚取りもしっかりしていたようなので問題なく立ち上げられているのではないでしょうか。引き続き様子を見ていき、徐々に負荷を高めて仕上げていきたいです」(津曲助手)状態次第になりますが、今のところ10月5日の東京競馬(サウジアラビアRC・芝1600m)に出走を予定しています。

19/9/5 藤沢和厩舎
5日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後、秋競馬に備えて函館競馬場を経由して天栄へ放牧に出していましたが、移動後も大きなトラブル事はなく順調に乗れているということでした。そして、10月頃の競馬を目指すこともできそうということで、一つのプランとしてサウジアラビアRCを頭に入れながら調整を進めてみようということになり、このタイミングでトレセンへ連れてくることになりました。前回で勝ってくれたとは言え、幼さが目立つこれからの馬ですから、今回も丁寧に接しながらいい状態に持っていければと思っています」(津曲助手)


※情報は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント