レイパパレ 4勝目

レイパパレが、18日の京都・大原Sで4勝目を挙げました。
デビューは今年入ってすぐの1月11日でした。
4戦4勝、大したもんです。
順調に成長している愛馬の今後に、ますます思いを馳せるばかりです。

興味がわきましたら、是非ここまでの彼女の走りをご覧になってみてください。
着実にいい走りを披露していることが、伝わって来るのではないかと思います。

この何週間かGⅠに出走できるかどうか、話題にのぼっていたりしました。
競馬ファンの間で、レイパパレの名は知られるようになってきているかなと感じる日々でした。
これからも話題にあがることがあることでしょう。
出資者の立ち位置で、しっかりと彼女に伴走できるよう、清く正しく美しく、まるで宝塚音楽学校入学式の挨拶のような心持ちで、今後の活躍を応援していくことが出来るように・・・。いまからウオームアップしておこうと思います。
・・・って実際は、追いかけるのが必死でしょうけど!そんなことはわかっているけど!!

などと、こんなことを思ったりしているのです(笑)。そして、ついそんなことを思いたくなるようなこれからが楽しみな馬に会えたことが、いまは嬉しいのです。
控えめに言って、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。



レイパパレ

レイパパレ202007 3勝目.jpg

20/10/18 高野厩舎
18日の京都競馬ではやや遅れ気味のスタートも行き脚がついて先頭へ。後続を引きつけつつ逃げ、直線は大きく外目に進路を取るとあっさり突き放して優勝。「ありがとうございました。無事期待に応えることができてホッとしました。逃げる形はジョッキーも私も想定はしていなかったのですが、スタートで少し立ち遅れ、隣とぶつかったことでスイッチが入り、周囲が遅いこともあってハナになりました。ジョッキーも無理に引かずにリズム良く進めたという格好。結果的には楽に行けましたし、申し分のない強い競馬だったと思います。ジョッキーも『4戦目ですが、これまでで一番良く感じました』と言ってくれましたよ。まだカイバ食いなどは甘いのでそのあたりは課題になりますが、馬は成長していますし、これからが楽しみです」(高野師)秋華賞を除外となっての一戦、ここでは力が違うと言わんばかりの圧勝劇を見せてくれました。ジョッキーも自信満々のエスコートで、馬場のいい外目を選ぶとあとはムチも入れずにゴール。秋華賞は残念でしたが、今後の飛躍が楽しみになる一戦でした。この後については、まずは馬体をしっかりチェックしてから検討します。

20/10/15 高野厩舎
18日の京都競馬(秋華賞・牝馬限定・芝2000m)は非当選除外となり、再投票の上、18日の京都競馬(大原S・芝1800m)に川田騎手で出走いたします。

20/10/14 高野厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(54秒1-39秒0-25秒7-12秒6)。「今朝も坂路で単走の追い切りを行いました。最終調整ですから、サラッと馬なり程度ですが、乗り手との呼吸も合っていて、無理しない中でも終いはそれなりに負荷をかけることができて申し分のない追い切りでした。馬房の雰囲気もとてもリラックスできていてとてもいいですね。あとはなんとか抽選を突破してもらいたいところです。もし除外の際は登録させていただいた同日の大原Sに川田騎手で出走させていただきます」(高野師)18日の京都競馬(秋華賞・牝馬限定・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。除外の場合は18日の京都競馬(大原S・芝1800m)に川田騎手で出走する予定です。

20/10/11 高野厩舎
18日の京都競馬(大原S・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて16頭の登録があります。

20/10/7 高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(52秒7-39秒0-25秒3-12秒8)。「秋華賞に向けて先週無事帰厩しました。今朝はルメール騎手に乗ってもらって坂路で追い切っています。単走ですが、前に併せ馬を置く形で進めました。今の重い馬場を考えると52秒7という時計はかなり優秀ですね。ジョッキーも『すごくいい馬。もう体はできていますね』と好感触を伝えてくれました。レースまでまだ2週ありますから、しっかりコンディションを整えていきたいと思います。あとはなんとか抽選突破を願います」(高野師)18日の京都競馬(秋華賞・牝馬限定・芝2000m)にルメール騎手で出走を予定しています。

20/10/4 高野厩舎
18日の京都競馬(秋華賞・牝馬限定・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて21頭の登録があります。

20/10/2 高野厩舎
次走は18日の京都競馬(秋華賞・牝馬限定・芝2000m)を予定しています。除外の可能性もありますが、出走の際の鞍上はルメール騎手を予定しています。

20/10/1 高野厩舎
1日に栗東トレセンへ帰厩しました。



※情報と写真は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。