ベルクワイア 2勝目

さてさて!
ベルクワイアの第2章が始まりましたよ!

関係の皆さま、鞍上の池添騎手、ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!!

ベルクワイアの更新を読むたびに、一喜一憂していました。
今回の更新は、本当に清々しい思いで読むことが出来ました。ありがとうございます。



ベルクワイア

ベルクワイア20190721.jpg

20/6/21 函館競馬場
21日の函館競馬では五分のスタートから押して先頭に立つ。そのまま淡々と進み直線へ向くと後続を突き放して逃げ切り優勝。「おめでとうございました。それにしても走る。1年休んだとは思えないくらい、久々でもしっかりと走ってくれました。前回後は中間に疲れが出て休みが長引いてしまった馬なので無理は禁物と思っていますし、慎重に考えていきたいですね。まずはレース後の様子をよく見てからどうしていくか判断します」(国枝師)昨年の夏以来11ヶ月ぶりの出走とあってそう簡単ではないかもしれないと思っていましたが、ポテンシャル的には十分に通用するはずなので何とかいい競馬を見せてほしいと願っていました。しかし、いざ蓋をあけるとここでは力が違うと言わんばかりに自分で競馬をつくって後続を突き放す、危なげない勝ちっぷりを見せてくれました。驚くとともに、順調に行ってほしいと願うばかりです。今後については反動の有無を確認したうえでどうしていくか検討していきます。

20/6/18 函館競馬場
「元気に依頼をかけていましたが、他も見てみると池添ジョッキーも空いていて都合がつくとのことでした。どうしようか考えた結果、ここいちばんに強いということで池添ジョッキーにお願いすることにしました。約1年ぶりの出走ですが、1年ぶりだからこそ大事ですし、彼の勝負強さに期待します」(国枝師)21日の函館競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1700m)に池添騎手で出走いたします。

20/6/17 函館競馬場
17日は函館Wコースで追い切りました(70秒8-55秒1-40秒3-12秒5)。「先週の追い切り後もいい意味で変わりはなかったので週末にも時計を出し、週明けの様子にも異常がないことを確認できたので今朝改めて追い切っています。函館のウッドチップコースで70-40くらいを基調に終いを少し伸ばして12秒半くらいの時計。函館のコースは狭いのでどうしても派手な時計を出しにくいですが、しっかりと動かせており、現地からも問題ない動きを見せてくれているという報告をもらっています。長期休養明けということでどこまでかはわかりませんが、ポテンシャル的には通用していいはずだし、ここでもいい競馬を見せてもらいたいですね。なお、今回は丸山元気に依頼中です」(国枝師)21日の函館競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1700m)に出走を予定しています。

20/6/10 函館競馬場
10日は函館Wコースで追い切りました(69秒0-54秒1-39秒4-13秒0)。「先週函館に入れて早速乗り出し、週末には時計を出せています。今朝はウッドチップコースに入れて長めから終い重点で時計を出しました。時計的には目立つものではないですが、トレセンと比べるとコースが狭いので、そのあたりはうまくバランスを取りつつ調整をしています。動きや息遣いからまだいくらか重さはあるかなと言う話ですが、それでも動けてはいて、週末、来週とこなしていけば態勢は整ってきそうですよ。順調に行けば最短で来週のレースを視野に入れていきます」(国枝師)今のところ21日の函館競馬(3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1700m)に出走を予定しています。

20/6/3 函館競馬場
3日に函館競馬場へ帰厩しました。「前走後、天栄で様子を見て秋の半ばごろの競馬を目指して調整を進めてもらっていたのですが、そのさなかにガクッと来て背肉が落ちてしまい、回復に相当長い期間がかかって休養が思わぬ形で長引いてしまいました。その後、北海道へ移動し早来で調整をしてもらっていたところ、だいぶしっかりとしてきて函館開催を目指すことができるという連絡をもらっていましたので、開場に合わせてベルクワイアを函館へ連れてくることにしました。休み明けではありますが、函館でやりすぎるとまた堪えさせかねないので早来でもできるだけ乗り進めてもらっていましたから、数週でレースへ向かえれば理想的と思っています。そのあたりのことも含めて動かしながらまずは状態を確認していきます」(国枝師)




※情報と写真は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。

"ベルクワイア 2勝目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。