レイパパレ 新潟・糸魚川特別で3勝目

レイパパレのスケジュールが気になったひと月ほど前、ついにネット競馬の掲示板を覗きに出掛けてしまったのですが、そこで目にしたのは糸魚川と三面川。
新潟の川二択で、盛り上がっていました。
10年以上競馬を観ていて今更ながらも、もっと地名に敏感に、地理にも詳しくなろうと思いながら、掲示板から戻ってきたのでした。

結果は糸魚川のほうでした。
そして、3連勝を飾ってくれました。
ますます秋を意識せざるを得ない心持ちですが、1月デビュー、間隔も開けつつ、大事にレースに臨む環境あってこそ。
この力を大事に発揮できることを、これからも期待し、楽しみに過ごしていこうと思います。

それにしても、内の狭いところを上手に出てきましたよね。あのスピード、私にもほしいです、いろいろな局面でほしい素晴らしい能力だと、惚れ惚れしました。



レイパパレ

レイパパレ2020062勝目.jpg

20/7/26 高野厩舎
26日の新潟競馬ではまずまずのスタートも行きっぷり良く好位につける。内々で折り合いに専念して直線を向くと、最後は狭い間を割ってしっかり伸びて優勝。
「マイルを2回使った後の1800mということでジョッキーも気をつけてソロッと出したそうですが、やはり行きっぷりは良く折り合いに専念する形でした。これでも掛かってはいないレベルとのことですが、それでも消耗はしたでしょうし、その中で狭いところを割ってあの伸び脚ですから改めて能力は高いと思いました。まだ幼さがあり、馬体の維持には気を遣いますから、この後はいったん放牧に出して今後のプランを検討していきます」(高野師)
マイルで連勝後、昇級戦で距離延長ですから決して楽な条件ではありませんでしたが、一発回答してくれました。行きっぷりは良かったものの、この距離を経験したことでまた慣れも見込めるでしょうし、今後の活躍が非常に楽しみです。この後は一度放牧に出してリフレッシュさせる予定です。

20/7/23 高野厩舎
26日の新潟競馬(糸魚川特別・芝1800m)に川田騎手で出走いたします。

20/7/22 高野厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-39秒2-24秒7-11秒9)。「今朝は坂路で単走の追い切りを行いました。西村淳騎手に手伝ったもらったので、ジョッキーが乗った分時計は速いですが、それにしてもこれで馬なりですからね。タイムも動きも申し分ありません。馬体重に関しては、現状で前走前と同じぐらいなので、輸送を考えると減ることになると思います。それでもコンディションは問題ありませんし、この距離をどうこなしてくれるか期待しています」(高野師)26日の新潟競馬(糸魚川特別・芝1800m)に川田騎手で出走を予定しています。

20/7/19 高野厩舎
26日の新潟競馬(糸魚川特別・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて14頭の登録があります。

20/7/15 高野厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-40秒6-26秒4-12秒7)。「新潟開催を目標に先週帰厩させました。今朝は坂路で併せて追い切っています。無理のない程度の内容ですが、しっかり加速ラップを刻んでいますし、いい動きだったと思います。前走の前に比べると一度使った分馬体にはそこまで余裕はなく、馬体をキープすることも考えながらの調整になりますが、しっかりコンディションを整えれば力は出せるはずです。今のところ、来週の糸魚川特別に引き続き川田騎手で出走予定です」(高野師)26日の新潟競馬(糸魚川特別・芝1800m)に川田騎手で出走を予定しています。

20/7/9 高野厩舎
9日に栗東トレセンへ帰厩しました。

20/7/8 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週とほぼ同じメニューで乗り込みを続けています。坂路では終い15秒のペースをコンスタントに取り入れていますが、特に問題なくこなせています。緩めず動かしても馬体はキープできており、この感じなら短期で戻せそうですね」(NFしがらき担当者)

20/7/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも順調なので、この中間は坂路で17-15と終いを伸ばす調教も取り入れ始めました。馬体は小柄ながらキープはできていますし、体調も安定していますので、夏競馬を使うつもりで厩舎サイドと話を続けていきます。馬体重は434キロです」(NFしがらき担当者)

20/6/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「馬体は順当に回復していますので、この中間からは周回コースと坂路で普通キャンター程度の調教を開始しています。思ったほどダメージもないですし、このままの状態で調整していけるようなら夏競馬を使えるように考えていきたいですね」(NFしがらき担当者)

20/6/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらに到着後は、馬体に異常がないことを確認してからトレッドミルでダク程度の調整を開始しています。今は競馬の時と同じぐらいの体重なので、もう少しふっくらさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

20/6/11 NFしがらき
11日にNFしがらきへ放牧に出ました。

20/6/10 高野厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。非常にいいコンディションでレースまで調整できましたし、出来の良さがそのままレースに直結したと言っていいでしょう。レース後は元気いっぱいで特に問題はありませんが、馬体の回復はややスローです。骨格を見ていると馬体重はまだ増えてくるはずですし、ここは無理をせず一度放牧に出してリフレッシュさせます」(高野師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


※情報と写真は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。

"レイパパレ 新潟・糸魚川特別で3勝目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。