サートゥルナーリア ダービー出走確定

サートゥルナーリア、出資者名義的にはオットさんの方の馬の話ではありますが。
やっぱり大事な、夢を思いっきり魅せてくれる、顔がでかい(しつこいぞ!)うちの愛馬である。
レース当日が近付けば近付くほど、あれこれ言いづらくなる、雰囲気になる。
その前に今のうち。

5月26日の日本ダービーに、6番枠での出走が確定しましたサートゥルナーリア。
今回、我が家のなかで変化を感じるのは、この1週間をガンガン楽しみ祭り状態で過ごしていること。
まぁね、これは、皐月賞の週でもそうだったのですが。

5年も前になりますが、私がハープスターに出資していて、クラシック週に臨んだときは、それが結果的にいまと逆の雰囲気でした。

いま思えば、馬名を採用してもらったときから人間のネジは5本くらい飛んでいるような状態になり、そこから愛馬の現役時代はスタートすることになります。デビュー戦ははじめて中京競馬場へ出掛けて口取りもかなっちゃうし、新潟2歳でのとてつもないごぼう抜きの圧勝劇を迎え、今思えば私自身の人生も変わっちゃったのかもしれない。出資馬を観る眼、という意味で。
馬の走りは、人を狂わせる。

ハープスターの現役時代は、常に酔っぱらっているような、妙な心理状態で過ごしました。変な心理になっているのはわかっていたんですけど、それをどうコントロールしてよいかわからなくて、必要以上に平常心ぶり、いつもと同じく過ごすようなフリをして、なにより要らぬ発言を慎むことだけには細心の注意を払いました。優等生な国会答弁みたいな状態ですね。

運悪く、ハープスターって馬の存在は現役時代完全にいじられキャラだったというのも、こうした状況に拍車をかけてしまったわけですよね・・・。あれはつらかった。本当につらかった。競馬ファン全員敵だなんて感じてしまうほどにおかしな感情を持ったこともありました。
ガンガン馬も人間も海外にまで出掛けて、気付けば故障であっという間に引退です。
二文字が出たとき、あれもこれも、小さな後悔大きな後悔が積み上がるばかりで、それだから当時の積み上げた後悔を繰り返すことだけはしたくないとの思いばかりで、一口ライフを根性で続けている側面もあるような無いような。
それだけではないのでしょうけど、やっぱり私の心のどこかにそうした気持ちが残っています。

さて、なにを書こうとした?

サートゥルナーリアという、これまたすごい牡馬の一頭が我が家の出資馬のラインナップに加わってくれました。
阿吽の呼吸で、我が家ではハープのときとは明らかに違う行動を、ひとつひとつ丁寧に楽しんでいるそんな気がするんですよね。
たとえば今週、とにかくオットは毎日東スポを買って帰ってきています。ブックやギャロップあたりは言うまでもないのですが、とにかくなんでもかんでも、サートゥルナーリアが載っているであろう読み物という読み物は全部集めているみたい。きょうは帰りが遅いということだったので、私買って帰って来ました。
ハープスターのとき、中途半端に終わってしまったから、ただそれは今だからこそそう思えるのでもあり。たとえばスポーツ紙買い漁り!の様子ひとつを観るだけでも、ああなるほどな、あの時の学習効果なんだろかな~などと、私はきょうも先に東スポを読ませてもらいながら、ブヒブヒ笑っている。途中、POG特集的な紙面のほうへの目移りも、きちんと忘れていない。しっかり立ち位置は堅守している。

他愛もないことでしょうけど、ひとつひとつ、わいわいかこつけて、楽しんでいる1週間。
大事に残したいと思ってます。

私の現在は、非常にリラックスもしていますけれど、めっちゃ緊張しています。
5年前はブログに緊張してるってたしか書かなかったんですよね。格好つけないでもっと自分の気持ちを晒せばよかった、って最近すごく思いまして。
きょうははっきり書こうと思い、ブログに向かいました。

次、なんてものは無いのが、一口ライフだ。
ダービーを上位人気で臨むことになるであろうこの大一番、めいっぱい楽しみます。

そういえば口取り、ちゃんと申し込んだのだろうか。
帰宅したら確認しておこう、念のため。

すっかり感情移入してますよ~。
そういえば、今週の追い切り映像観ましたけど、顔やっぱりでかかったですよね。
安定のサートゥルナーリアを観て、安心しました。


サートゥルナーリア
19/5/23  角居厩舎
26日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)にレーン騎手で出走いたします。

19/5/22  角居厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで併せて追い切りました。相手を1馬身ほど追走して、並びかけるところでは敢えて触れるぐらい近づいていったのですが、冷静なまま折り合っていましたよ。直線を向いてからはスッと反応して最後は楽に抜け出しました。思惑どおりの追い切りができましたし、ここまで順調そのものです。あとはレースまでしっかりコンディションを整えていきます」(小滝助手)
26日の東京競馬(東京優駿・芝2400m)にレーン騎手で出走を予定しています。


※情報は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック