レイパパレ新馬勝ち

きょうは競馬を観ることかなわず。
こんな週末がどうしてもある。

観ていないところで、愛馬が走る。
がんばれよ~!と、朝念じたりしてから出掛ける。

結果をようやくスマホでチェック出来た、夕方。帰りの新幹線のなか。
見る前は、やっぱり緊張しますね。

一番うえにレイパパレの名前がありました。
静かに嬉しかったなぁ。
帰宅して早速に、録画しておいたパドックとレースを観ました。
次はリアルタイムで観たいです。まだまだこれから成長してくれそう。元気に順調でと思います。

きょうは嬉しかった。忘れないなぁこれまた。
どうもありがとうございます。
レース後の長いコメント、繰り返し読みました(笑)。次走スケジュールがついつい気になってしまうタイミングでもあります。



レイパパレ

レイパパレ20191013.jpg

20/1/11  高野厩舎
11日の京都競馬ではまずまずのスタートから出たなりで好位へ。逃げ馬を見ながらの追走から、直線に入ると楽に先頭に立ち、最後は2馬身つけて優勝。「腰高でまだ体つきは幼いですが、返し馬の段階で非常にいい素質を持っていることは分かりました。ただ、気性的に難しいところを時折見せていたので、変に苦しい競馬はさせず、楽に勝たせたいという気持ちでレースに臨みました。直線最後はステッキを入れましたが、これは練習のつもり。まだまだ良くなる馬ですが、これだけの素質馬。まずは勝ててホッとしました。今日はありがとうございました」(川田騎手)「入厩前にはスクミが出たり、背腰からトモにかけて疲れが出たりと正直苦労しました。トレセンに来てからもカイバ食いや馬体に気を遣ったようにまだまだこれからの成長も必要ですが、ひとまず無事にデビュー戦を迎えられ、その中で結果を出すことができてホッとしています。今日は中山競馬場に臨場しているのでまずはレース後の状態を見てからですが、体質的に現状で詰め込んでしまうと余力がなくなってしまうでしょうから、基本的にはリフレッシュ期間を設けようかなと考えています」(高野師)416キロと小柄ですが、横から見ると明らかに腰が高く、かなり成長の余地を残す体つきです。その中で今日は素質を存分に見せつける内容で、体がしっかりしてきたらどれほどかと期待が膨らむレースになりました。まずはしっかりリフレッシュして成長を促していきたいところです。


※情報と写真は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント