エルデュクラージュ 6勝目

出資した馬たちで、1頭で6勝の快挙は、これまでなかった記憶。
それがついに、そんな日がついに来ましたですよ!

エルデュクラージュが、6勝目を挙げました。
パドック推奨一番手に推されたり、レース直前にようやく「おっ!?」とかなんとか言いながら、テレビの前で盛り上がりつつの応援になりまして・・・。

それにしましても、東京の長い直線を、がんばれがんばれ言いながら応援するヤキモキ感は、実に身体に良くない。
わかってはいるのですが、勝ったときにくーっと来る痺れるあの感覚。これ、ほんと最高な感覚ですね。

どうもありがとうございました!
次もあの感覚、是非お願いします(笑)。



エルデュクラージュ

エルデュクラージュ20191019 5勝目.jpg

20/5/10 池添学厩舎
10日の東京競馬では五分のスタートからすんなり好位をキープ。そのまま内々でじっくり進め直線を向くと、半ばで外に持ち出し、追われるごとに力強く伸びて優勝。
「ありがとうございました。ゲートで待たされなかったのも良かったようで、いいスタートからいいポジションを取れて、スムーズな競馬ができましたね。ジョッキーも『包まれるのが怖かったけれど、うまく外に出せました』と話していました。早くからここを狙ってきましたし、斤量も思ったよりも軽く、いい結果が出てホッとしました。この後は馬の状態を確認してからですが、同条件がもう一つあるので、そこを考えていきたいです」(池添学師)
ベストの条件で、早くから狙ってきた番組とあって、久々でもきっちり仕上がっていました。ジョッキーも終始スムーズに運んでくれましたし、強い勝ち方だったと思います。ここにきて馬も充実しているようですし、今後の活躍がますます楽しみです。この後は馬体を確認してから検討します。

20/5/7 池添学厩舎
10日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)にルメール騎手で出走いたします。

20/5/6 池添学厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(53秒1-38秒8-25秒4-12秒8)。「先週、先々週とコースで併せてしっかりやってだいぶ状態も上がってきましたし、今朝は坂路で単走、終い重点程度です。いつも坂路はそこまで動かないので、これで十分だと思います。得意の条件で斤量も軽くなるので、いい競馬を期待しています」(池添学師)10日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)にルメール騎手で出走を予定しています。

20/5/3 池添学厩舎
10日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。

20/4/29 池添学厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。3頭の真ん中に入れてしっかりやって、手元の計測で6ハロン80秒4、ラスト1ハロン11秒8。少し遅れはしましたが、時計的には十分で先週よりグッと良くなってきました。来週は輸送もあるのでサッと調整程度にやれば十分でしょう。鞍上はルメール騎手にお願いしています」(池添学師)5月10日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)にルメール騎手で出走を予定しています。

20/4/22 池添学厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。先行する形から外を回って終い重点です。全体時計はゆったり目で、3頭でリズム良く揃えるように指示をしましたが、中に入った馬の動きが良すぎたため、最後は促していました。年齢的にズブさが出ていることもありますが、休み明けで少し馬体に余裕はあるので、ここからやっていけば大丈夫でしょう」(池添学師)5月10日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)に出走を予定しています。

20/4/16 池添学厩舎
16日は軽めの調整を行いました。「東京開催を目標に昨日帰厩させました。今朝から軽く乗り出していますが、NFしがらきでも目標を定めて調整してもらっていて、いい状態で戻ってきてくれています。来週からペースアップしていきます」(池添学師)5月10日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)を目標にしています。

20/4/15 池添学厩舎
15日に栗東トレセンへ帰厩しました。「この中間も15-13まで脚を伸ばして調教を行ってきて、だいぶ中身もしっかりとして状態も上向いてきました。厩舎サイドと話をして、東京開催を目標にこのタイミングで帰厩させることになりました。いい状態で送り出せたと思います」(NFしがらき担当者)

20/4/8 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週のペースアップ後も反動はなく、引き続き坂路では15-13くらいのペースを織り交ぜて動かしています。周回コースでもしっかりと距離を乗って運動量も豊富ですし、ここまでは順調そのものですよ」(NFしがらき担当者)

20/4/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は坂路で終いを13秒くらいまで伸ばすなど、先週からさらに負荷をかけて乗り込みを行っています。ここまでは特に気になるところもなく進められていますし、体調面も良好です。あと2、3週で移動ということになると思いますから、ここからしっかりとコンディションを整えていきたいと思います。馬体重は533キロです」(NFしがらき担当者)

20/3/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週と同じようなメニューで調整を進めています。終いを14秒まで伸ばしても問題なく動けていますし、ここからは併せ馬を取り入れるなどしてさらにピッチを上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

20/3/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は週2、3回のペースで15-15程度の調教を行っています。日によっては終い14秒くらいまで脚を伸ばしていますが、引き続き順調に動かすことができており、このままじっくりと乗り込みを重ねていきます」(NFしがらき担当者)

20/3/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に調整が続けられており、坂路では週1、2回の頻度で15-15近いところも開始しました。ここまではスムーズにペースアップできていますし、この調子で少しずつ進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

20/3/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「乗り出してからも順調に調整が進められています。坂路では終いをジワッと伸ばす調教も取り入れていますが、もう少しこちらで過ごすことになると思いますので、周回コースでも長めに距離を乗るなど引き続きじっくりと進めていく予定です」(NFしがらき担当者)

20/2/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間から騎乗調教を開始しています。坂路ではハロン17秒ペース、周回コースではゆったりとしたキャンターで長めに距離を乗っており、このままじっくり動かしていきたいと思います。馬体重は525キロです」(NFしがらき担当者)

20/2/18 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、ここまでウォーキングマシンで軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。今のところは特に疲れも見せていませんので、少しずつ立ち上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

20/2/13 NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。

20/2/12 池添学厩舎
12日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。ただ、昇級戦だったことを考慮するとよく走ってくれていますし、条件などよく選んでいけばもっと上位で勝負できると思います。レース後は軽く動かしており馬体に問題はなさそうですが、条件についてもいろいろ検討したいので、一度放牧に出させていただこうと思います」(池添学師)13日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

20/2/8 池添学厩舎
8日の京都競馬ではやや立ち遅れ気味のスタートから中団を追走。そのまま直線を向き、じりじり伸びるが6着まで。
「スタートはちょっと立ち遅れたのですが、まずまずいいポジションにつけられたと思ったんです。でも急にペースが落ちてしまって…。長くいい脚を使えるので、もう少し流れてくれていれば違ったはずです。4コーナーは少し右に頼るところがありましたが、直線はしっかり伸びていましたし、内容は良かったと思います」(北村友騎手)
「スタートをうまく出て、もう少し前の位置を欲しかったのですが、ちょっと後ろになった上にスローでしたから…。ただ、昇級戦としては十分収穫のある内容でした。距離はもっとあってもいいぐらいで、長く脚を使うこの馬向きの流れなら楽しみです」(池添学師)
昇級戦だっただけにどんな競馬ができるかという気持ちでしたが、しっかり脚を使っており、悪くない内容でした。これなら目処は立ったと言えそうです。この後は馬体をよくチェックしてから検討します。


※情報と写真は了承を得て、キャロットクラブHPから使用しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント